【お店の回転率をアップ】レジアプリを使って経費を削減しよう

格安で導入

無料のものも存在

レジ

レジスターといえば、釣銭機能を一体化した大型のレジスターを想像することが多くなっています。
最近では、釣銭を自動的に出力するなど多機能になっています。
さらにPOSシステムなどと連動しており、本部で一括して売上管理を行う事ができるのが普通になっています。
しかし、これらのレジスターはとても高価であることがネックになっています。
一台だけでなく複数の店舗などを所持している場合、資金はかなりの高額になります。
しかし、POSシステムだけの機能がほしいのであれば、安価な価格で導入することが可能になっています。
レジをパソコンやタブレットなどの端末を利用することで格安に導入することができるのです。
アプリケーションやソフトを導入するだけの簡単な手続きで利用することができます。
最近では、飲食店などパソコンをレジスターとして利用しているケースが多くなっています。
売上管理などに利用するパソコンにレジ機能を追加するだけで利用することができるのが、大きなメリットになっています。
アプリは無料のものもあります。
もちろん機能面で考えると有料のアプリを導入する方が安心感を含めて大きいのですが、無料でも十分に利用する価値があります。
アプリは台数に制限がないものを選択すると、もっと効果的に利用することができるようになります。
複数のパソコンなどの同期を考慮するとできる限り有料のアプリを利用することがおすすめになりますが、単独の店舗では十分に機能します。

便利な機能で一括管理

アプリ

小売や飲食などの店舗を運営していくのに欠かせないのがレジですが、導入するにあたっては専用の機材を導入する以外の方法も存在します。
レジのアプリを使えば対応しているタブレットにインストールするだけで使うことが可能です。
拡張機能のレシート印刷機やバーコードリーダーをつけるだけで初期投資を少なくしつつレジを導入できます。
アプリの場合にはインストールしてから視覚的な使い方で運用ができるので、従業員に対しても簡単な教育を行うだけで使い始められます。
レジで売上を管理出来るだけではなく、商品の売れ行きをチェックしたり、売れ筋商品を調べることができるので、有効な販売戦略や経営戦略を立てていくことができます。
アプリにアクセス出来る端末ならばタブレット以外にもスマホなどからもチェックができるので、本部でそれぞれの店舗の売上をチェックしたり、一括仕入れをする場合には足りない商品が何なのかを一目で調べられます。
レジのアプリは無料で使えるものも多く、臨時にレジが必要になったケースでも活用が可能です。
初期の機材にかけるお金が少ないというのはかなりのメリットですので、これから経営を始める方で初期投資を抑えたいという方にも適したアプリです。
アプリによっては顧客管理も同時に行えるものもあるので、顧客上場から売上情報に至るまで、もっとシンプルに販売管理をしていこうと考えている企業の方は、ぜひレジアプリの導入を検討しましょう。

既製品を利用する

店員

POSレジを導入するといえば多額の投資費用と維持費用が必要となります。
そのため、POSレジを導入するにはそれなりの事業規模が必要でした。
しかし、現代ではipadなどのタブレットなどでもアプリをインストールすることで、POSレジの代わりを行うことができるようになり、安価に導入することが可能になっています。
特にレジをPOS化するメリットは、日々の売上をリアルタイムで記録することによって、営業終了後の精算業務が台帳への記入業務が不要になるという点です。
外部の会計ソフトと連動させることができるタイプであれば、簡単に経理を行うことができ、余分な時間を節約できるのです。
そのため、経理に掛ける費用もコストカットが可能となります。
またPOSでは商品の個別情報を収集するため、売上管理のほか商品管理、在庫管理とも連動させることができます。
一方でタブレットにレジ機能を付与するためには、アプリをインストールする必要があります。
アプリは多くの業者から提供されていますが、ほとんどところでは対象機種をipadとしています。
android対応のアプリもありますが、少数です。
多くの場合は、初期費用が無料となっており、月額使用料を支払って利用するものが中心です。
ただし利用するためには、インターネットを利用するので店舗でインターネットが利用できる環境を整える必要があります。
しかし反対にいえば、インターネットが利用できるのです。
またアプリ対応のタブレットがあれば、簡単にタブレットにレジ機能を導入することができます。